ためにならない釣行記

しぶとくビャーコで釣れ!

ブログをご覧のみなさん、コンニチワ!

 

先日、台風18号と共にビャーコへ行ってきた。
一昨年も台風の影響でノンバイくらってんのに懲りないね。
とはいえ、今回は3日目の帰宅時に18号が来そうだったので、

 

「ド低気圧でいいんじゃないか?!」

 

とプラス思考で出発。つーか、マイナス思考だったら行かない方がマシだわw
しかし、オレ的には今までとちがい欲ばりな期待はせず、

 

「アカシ艇でe-modeをブチ曲げる」

「目の覚めるような炸裂バイトで釣る」

 

ぐらいの願望でサイズはあとから付いてくるぐらいに考えていた。
とはいえ、準備には手を抜かない。出発2日前には荷物をクルマに積み込んでいた。

 

当日、テンション上げながらザキ、ノビーと合流して遠征開始の1杯。

20130914-15_01

満足したところで一路、西を目指す。

20130914-15_02

先に出ていた厚木チームと新名神で合流。後から来たウエ夫妻も合流。
ビャーコはすぐそこなのでホッとひと息。

そして、琵琶湖大橋の手前でエレファントベイツのノリさんとも顔を合わせてしばし談笑。
イイ感じに旅の疲れがほぐれた。

20130914-15_03

さて、いよいよビャーコセッション。今回は初めてN@BBYと乗る。
パンパーンと釣って盛り上がりたいところだ。

20130914-15_04

が、朝イチの鮎ボイルがいまいち起こらない。ノビーのデカパイマにワンバイのみ。
あれ?? まさかの??

20130914-15_05

ド沖のウィードを攻める。2週間前にはコータローと爆ったエリア。ちなみにコータローからその話を聞いて、発売前にもかかわらずストームフィールズのサパラを借りてきていたのだ。コレがあれば!!

20130914-15_06

はいっ!移動!!

20130914-15_07

あ、チャドさんとハンマーさんだ。ハンマーさん、マリオっぽいね。ちなみに51をあたまにチョイチョイ釣ってるお二人。
なぬ?!

20130914-15_09

その後アチコチのエリアを見て回るが、ナニやら釣果に暗雲が立ちこめてきたぜ。。

「ピンコーン♪(lineの音)」

アルミチームの釣果報告がちょくちょく入る。そのうちオレらよりもこの音に敏感になったのはアカシさんだったりしてw

20130914-15_010

陽が傾きはじめた頃には風も出てきたし。。あっそーか!クライマックスを迎え、ドラマ魚を釣るという筋書きなんだな。
すでに手首がちぎれそうなほど痛かったが、こっそりアイツを結ぶ。そう、カイバード。しかしすぐにアカシさんに

「あっ、まじや(笑)」

とバレてしまった。照れくさいぜ。するとノビーのフロッグが良い「ギュポ音」を出している。

「ギュポ、ギュポ、ゴボッ!!!」

「出た!!!」

と思ったらスッポヌケ。そして和邇ヨット前に帰ってきたところで、さらに

「ボカンッ!」

「よしっ!!」

またドラマ魚か?!ノーフィッシュの歌は唱ってないけど、今度はオレが裏切られるのか?

 

ゴリ巻きして上がってきたのは、

20130914-15_011

これなら良しっ!

 

ということで、ストップ・フィッシング。台風なんて効かないことを悟った1日だった。

そして、まーまー良かったアルミチームと合流して居酒屋へ。
トクは自己新ゴーヨンを釣り上げた。タックルも琵琶湖仕様にしてたしな。おめでとう! さらにはザキが琵琶湖のために何となく塗ったマックロルアーが大当たりして、9本だっけ?? なかにはスナップ伸ばされた巨大魚もいたとか。トダもアックンも飽きない程度に楽しめたらしい。んん??

 

20130914-15_012

さて、徐々に台風の影響が出てきた空模様。

2日目は如何に?!

 

(後編につづく)

Next Post

Previous Post

2 Comments

  1. ヒサシ 2013/09/30

    いいなあ。
    行きたいなあ。
    しばらくお預けかなあ。

  2. Mackey 2013/09/30

    ヒサシ、
    琵琶湖は逃げない。
    また行けるようになったら行くべ。

Leave a Reply

© 2018 TOPBOKAN