ためにならない釣行記

職質で釣れ!

ブログをご覧のみなさん、コンニチハ!

ようやく軽装備で釣りができて気持ちいい季節が到来。しかし、それはゲリラ豪雨の季節到来とも言えてしまう。。ズッキローニ監督から

 

「ショーナガコースどすか?」

 

と作戦指示があった。しかし、2日前にゲリラっちょ!! どうするか悩んで延期を提案したところ

 

「川復活しちゃったみたいなんすけど(笑)」

 

とのことだったので、せっかくだから挑むことにした。

 

「3時30くらいにオナシャス」

 

釣ったことないとこだったのでちょっとワクワクしてみたり。仮眠もそこそこに自宅からクルマをとりに行く。ちょっと距離があるので小さいタイヤのチャリ2号で。

 

が、ここでトラブル発生。無灯火のため警察に止められた。クソな理由だけど当然チャリの所有者確認がはじまる。ちなみにチャリ2号は仕事のビンゴ大会で当たったもの。わざわざ防犯登録とかしてないのだ。ここをチクチクやられる。

が、もっとめんどくさいのが背負っていたバッグに入っている巻きタバコ。もちろん合法だしド正規品なんだけど、昨今多発しているの脱法ハーブ事件により誤解されるのは100%だろう。なので、所持品検査までいかないように腰を低く対応し、20分ぐらいで解放された。あぶないあぶない。

が、完全にチコクだ!! エコカーをかっ飛ばし現地へ向かう。途中でズッキローニ監督に遅れる旨の連絡を入れるが無反応?。ま、とにかく先を急ごう。

 

30分遅れで現場に到着するとズッキローニが見当たらない。船はある。そして、代わりにお父さん(グランデ)がそこにいた。

 

「あれ?ズッキは??」

「いやぁ、まだ来てないみたいっす」 

 

なんども電話しても出ない。。。もしや、、、
そして電話が通じたかと思うと

 

「今すぐいきますナウ!!」

単なる寝坊だった。ワールドカップはじまったからね。ちょっとホッとしたよ。

 


ヤベー消される、、、

 

そんな感じでマヅメなんか気にせずに釣り開始。「川復活しちゃったみたい」というわりにはまーまーなゴリニー。グランデもこれはちょっと…と言ってるけれど、そこは打つべし打つべし。ソッコーでズッキにワンバイ。さすがだ。

 

その後は続かず、ダラダラと釣り下る。途中、

 

ズッキ1ノグソ

 

地元のくせに初ノグソを綺麗にメイクしたんだとちょっと事件な感じで話してたな。7割漏らしてたらオモロかったのに残念。
ということで、釣り再開。

ふと、ズッキのタックルボックスを覗くと黒々とした物体がゴロゴロしてる。イソノファクトリーのUシリーズが好きみたいだ。しかもけっこう釣ってるよね?!オレもフーラリーは持ってるから今年は釣りたいなぁと、エロエロ・釣り釣りなトークをしていると、すっかりド晴れで暑くなってきたころに、いかにもなポイントに到着。

 

「ここ逝っちゃって下さい!」

ライフベイト・トピードSをまずは手前からキャスト。チャッチャ系で誘うが出ない。次にちょっと奥にキャスト。またしてもチャッチャ系で誘うと

 

「ボカンッ!」

「出たっ!!」

 

炸裂バイトで出やがった。アワセをくれてやると、やべっ!リールが取れそう!!

 

「ここ浅いから走りますよっ!」

握力全開でリールをホールドし、無事にランディング。


レッドヘッドにキッチリ歯型を残したヨンゴー!これは嬉しい。7時前のデキゴト。

 

ズッキはここで釣れなかったらヤベーなって思ってた最後の引き出し。トダがズッキガイドは危ない説を唱えはじめたので、なんとかオレでストップしたかったようだ。寝坊した挙げ句に釣れなかったら、、、笑 ズッキ、すげーホッとしてたよ。アリガトね。

 

対岸を流していたグランデもワンバイもらってた。

けっきょく釣れたのはこの1本のみ。夜中からすったもんだあったけれど、みんなバイトあったし釣れたしで楽しかった。ズッキ、グランデ、お付き合いありがとう〜

 

昼頃に別れて牛久に向かう。トダが琵琶湖遠征の準備でザキの船をピックアップしに来てるらしい。ちょうど渡すものがあったのでちょっくら顔出しにいく。

珍来で待ち合わせ。トダも今朝こっちに来る時に高速でバーストしたりと大変だったらしいが、朝はきっちりヨンゴーのナイスなのを釣っていた。しかし、またしてもロッドを折るという不幸の積み重ね。ツンデレ沼の祟りか? これで午後のサカナも約束されたようなもんだろう。徳を積むと釣れるではなく不幸を積むと釣れるがマッキー説。

 

ダラダラしゃべってたら釣りがしたくなったので、ナカセが初カヤックに挑戦することにしてオレはアルミに飛び乗ることになった。


ドチドチしながらもスイスイと。おっ、イイ感じじゃん。

 

オレらはスパルタなのでド風で波立つ牛久にナカセをボッチで解き放った。オレらはアルミ。

あれ?ヘソさん痩せた??


画像を並べると、もはや嫌みにしかならない対照的な髪型。

 

夕方の牛久は苦手だ。ほとんど釣った記憶がない。遠くでは竜巻警報が発令され得たとの放送が流れている。ええっ!!

アシ際の怪しさ、雲行きの怪しさ、バッテリー切れの怪しさにドキドキしながら時は過ぎていく。たまーにナカセの様子が気になるけど、もはやアシのう〜んと向こう側。何かあれば騒ぐはず。

夕暮れを迎える頃、弱々しいバッテリーで戻りながらパラアシを打つ。

 

「ボカンッ!」

トダのアラパイマが襲われる!

 

「やっぱり!!」


ナイスなヨンゴー! 6時半のデキゴト。
バーストとロッドポキ折れでヨンゴーゲットは100%ですです!

 

ぬおーっ!オレも釣りたい汁をダラダラ流してやっとこさアラパイマJでワンバイもらうものの、この後は誰も釣れはなかった。。。まだまだ不幸が足りないね。

 

 

ということでこの日に目にした3本のヨンゴー、チョンガーに幸ありなビミョーな1日でした。

ちなみにカヤック修行をしていたナカセ、「やっぱりカヤックは買わない!」という結論に達したという。
ナカセにはやっぱりゴムボが似合うということでw

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

© 2019 TOPBOKAN