ためにならない釣行記

ノビーで釣れ!

ブログをご覧のみなさん、こんにちは!

 

2月半ば、ちょっと早い「春一番」予報が出た。気温は土日共に20℃ぐらいまで上昇、もちろんド南風。日曜のほうが雨っぽいが降りがいまいち、、、うーむ。そんな感じで迷っているとノビーからお誘いがw 同じこと考えてたのね。

で、結局土曜日をチョイス。ちょっと寝坊しちゃったけど一路房総へ。

7時到着、すでに生温かい。それだけで気持ちいい。お腹もリラックスしたのか早くもノビー1U(ウンコ)。スッキリしたところでいざ出船。

tb20160213_01

太った!苦しい!といいつつもムシャムシャ飲み食いしてるよ!

 

すでに10艇ぐらい浮いてるけどあまりみんながっついてない。気さくに話したりして皆さん思い思いのポイントへと散っていく。

おれらも気になるポイントとオールドスクールなところをプラプラみながらのんびりと船を進める。んー、温かいけどまだだなぁ。

tb20160213_02

上流部に行くにつれ実績ポイントになるんだけど、2人ともキャストもせずにただの遊覧船状態に。

tb20160213_03

あそこで誰が釣ったとか、何で釣ったとか、そんな話をしているうちに、

tb20160213_04

最上流に到着。2日前まで凍ってたらしいけどすでに溶けていた。生命感ゼロを確認してゆっくりと下る。水中には生命感を感じられなかったけれど、

tb20160213_05

木々の先っぽには新たな息吹が。

tb20160213_06

下りながらようやく打ち始める。曇り、あわよくば雨のはずがドピーカン。クソ怪しいオバハンを打っていると、

 

「おぉっ!!!」

 

どうやらノビーのサーフェスマーマーにウスラ1チェイス。いるんだ?!ポチッとやる気スイッチが入ったものの後が続かず下ることに。

すると世界の田辺さんが上がってきたのでしばしお喋り。ちなみに田辺さんはまだ来たばかりでまだ釣ってないようだ。しかし話しやすい人だなぁ。マブパターンはメモっとこう。

お別れして他のエリアも回ってみる。いよいよ風が強くなってきたぞ。

tb20160213_07

コンビニ袋がピチピチになるほど酒を買い込んでたのにもうラスト一本ということでお休みに。飲んで食ってろくに動かず寝る。完全にデブの行動パターンだね。

tb20160213_08

風を避けながら別の最上流についたところでランチタイム。さっきの1チェイス以来なんもなし。Xデーに不信感が募る。

昼寝もせずにまた別のエリアへ。するとド風の中に待望の雨粒が混じりだす。大移動をしてアンダーの人に話を聞くと52と46?!さほどディープじゃないらしい。よし、やっぱり今日はいけるかも!

行こうと思ったところには先行者が多いから朝のエリアに入り直すことに。ちなみにノビーは昼のカレーBIGで胸焼けしちゃってちょっと元気がない。ダイジョブじゃろか?

tb20160213_015

朝とまったく同じ所から再度打ち直す。ちょろちょろゴミも浮いているのでヘドバンレッドブルにチェンジ。

船が寄っちゃってハングのビタまで入れにくいけど、気にせずカチャカチャと。カチャカチャカチャ

 

「ボカンッ!」

「出たっ!!」

 

木の下を越えるところで食ってきた。グイッと合わせるとドラグが滑る。あれ?締めあま?! 近いし焦ったけどノビーの構えるアミにスムースイン!

ノ「でけーよ!いったんじゃん??」
マ「いやいや、そこまでないんじゃない?」

ネットの中にはムチッとしたいい魚体。脳はまだ興奮している。
写真の前にすぐに測るとヨンパチ!

tb20160213_09

よしっ! 昨年のゴーサンといいノビーと乗るとおれ釣れるな!

とりあえず雨とかいい感じになってきて釣れたからようやくXデーっぽくなってきなのかな? 上流部往復の時間配分を気にしながらあとは胸焼けノビーがイイのを釣れればそれでよし。

tb20160213_012

が、雨も止んでしまい、

tb20160213_013

ベテラン勢をもってしてもスイメンを割らせることできなかった。

 

胸焼け気味のノビーが

 

「今ここに浮いている奴ら全員ビンタだな」

 

と暴言を吐きながらエントリーへ戻る。そして悪態ばかりついているからお腹が痛くなっちゃって帰着と同時にU。

帰りは久しぶりに川崎で降りて気になっていた「つけめん玉」へ。

tb20160213_014

どろどろスープ、具、麺すべてパーフェクト!しかもタイミングよくノー並び。ちなみにドロつけ麺の写真って食欲そそらないからなしです。ノビーは食った直後と帰り道で2U。というわけで、ノビー1C4U、おれ1B1Fにて完全終了。

やはりXデーというにはちょっと早かったのかトップでラッシュがかかることはなかったけれど、なんとかそれっぽい魚が見れてよかった。ちなみに夕方田辺さんに会ったら50.5、48、46、その他バラシ。ワームではなくなんかライブリー的?なのをゆっくり巻いてショートバイトで食うみたいな感じだったらしい。初めて来ていきなりパターン見つけちゃうとはさすがだ。

さて、今年は幸先が良い。

みなさーん、すぐ船の上からUしようとするけれどノビーと同船釣れまっせ!

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

© 2017 TOPBOKAN