ためにならない釣行記

ひさびさに釣れ!

ブログをご覧の皆さん、コンニチハ!

 

薄着で大丈夫な季節になると動き出す男、ヤプーと毎年恒例の釣りにいく約束をしていた。ウエが地元に来た時にこの釣りに誘い、そのうち、ヒロシとTAKAさんがジョイントすることになり、なんだかアリそうで無かった釣りへと発展していった。

TAKAさんは最近ボルダリングから外岩までとにかく壁の人になっているので、実に水面に戻るのは約2年ぶりとのこと。ふむ、是非とも楽しんでもらいたい。雨の様子を見ながら釣りプランを練る。

川ダメ、ダムダメ、風が吹く、、、

tb20160619_01

はい、沼です。久しぶりなんだから釣れるとこにしてあげなよって感じだけど沼です。で、きっちり朝マヅメに到着。すぐに明るくなってしまうのでいそいそと準備してレッツゴー♪

tb20160619_02

すでに明るい、、、

が、ほどなくしてウエに追い食い!惜しくも乗らずお魚ゲットに至らず。しかし、一同のテンションを上げるには十分だった。

TAKAさんはブランクを感じさせないキャスト&アクション。本当釣れそう。いま壁にハマっているけれど、これまで築いてきたトップウォーターの経験値はそう簡単に色褪せない。

tb20160619_03

がっつき気味でキャストを繰り返すんだけど会話はいたって和み系。ヤプーが壁女の腹筋や肩周りの筋肉フェチっぷりを語りだすとTAKAさんが、「あっあの子でしょ!この辺出身なんだよ〜」みたいな感じでね。懐かしのインディーズブランドを語ってみたり、この船、まーまーベテラン勢なので内容が濃いのだ。

その後、すっかり晴れてもポツリポツリとバイトがあったが釣れるには至らなかった。さすがツンデレ沼。しかし、5人で8バイトだったかな? 朝のセレクトはまーまー楽しめたようでよかった。

tb20160619_04

風も吹き始めた9時半ごろ、船を上げたところに林夫妻が利根川から合流。風が吹いて危険を感じたため早上がりしたらしい。しかし、そんな短時間なのに、夫婦ともに2、3バイトもらっているのはガーサス!

さて、みんなでロング休憩へ。昨年ヒロシ&シンドーとド夏に行ったお風呂に行こうとしたらリニューアル中……とのことで、おいらが利用しているお風呂へGo!

とりあえず各々風呂に入って各々ランチタイム。自由すぎるのがボカン流♪

tb20160619_05

ウエはやっぱり麺をチョイス。

tb20160619_06

おいらは肉とマヨをチョイス。

ここで飯食ったり昼寝したりと3時ぐらいまでフリータイム。ゆっくり休みましょ。

tb20160619_07

寝るもよし、

tb20160619_08

マッサージ機と一体化するもよし、

tb20160619_09

漫画を読みふけるもよし。

 

で、おいらも座敷で爆睡しはじめるとほどなくして誰かに起こされる。

tb20160619_010

あれ?!小さなお友達がやってきた♪ ということでザキヤマ参上。

tb20160619_011

で、またダラダラとおしゃべりタイムが楽しい。もはや釣りの画像よりも多い(笑)ちなみにザキの娘がたちまち座敷のアイドルとなったのは、言うまでもない。

3時ごろ、ザキ親子と別れて夕方のポイントへ移動。ここはTAKAさんが好きな場所だったと記憶している。

tb20160619_012

なんか船3艇をみんなで準備しているこの感じが好きだなぁ

tb20160619_013

午後はヒロシが同船。ヒロシ&ヤプーは初同船。ちなみにおいらはこのポイント初挑戦。風がうざいけどワクワクが止まらない。

ビシビシとキャストを決めていく。三者三様のルアーとアクション。どれかに反応があるだろうってぐらいバリエーション豊富なこの船。途中でボイルが起こったりしてなかなかいいんだけどノンバイ。

tb20160619_014

ギルパイマを持ってきていたので息抜きに使ってもらったり。ほぼ完成系とのことなのでビルダー不在だけど機会があればいろんな人に実際に使ってもらいたいと思っている。思い思いのアクションを試したり、今日みたいな風が強い時でもキャスタビリティーがいい等、それぞれの感想を聞くのが楽しいし、そういうところに気づくんだと勉強になる。TOPBRIDGEに限ったことじゃないけど、スイメンでのルアー談義もすんごい好き。

そんな感じで退屈することなく楽しい時間が過ぎていく。おっと、ヤプーも「ダブルチューシャ」を結びだす。やべー、かなり本気だ!

そして、その時は突然やってきた。

「出ましたっ!」

 

声を荒げたのはヒロシ。

で、

tb20160619_015

ギルパイマ!

tb20160619_016

おーっ!ってニコニコしながらTAKAさんとウエも来てハリウッドセレブばりにシャッターが切られるヒロシ。

 

いいよね、こういうの。1匹をみんなで喜ぶ。

いいよね、小刻みに震えるヒロシの手。

いやぁ、嬉しい。

 

もちろんこの後ベテラン勢が鼻息を荒くしたのは言うまでもない。薄暗くなる中、どこまでも進んでいきそうになるが、TAKAさんの2バイトで終了。惜しかった。。。ヒロシ、TAKAさんのサカナ釣っちゃったんかなぁ笑

TAKAさん、ヒロシ、ウエは遠いのでここでお別れ。
すぐに腹が減る食いしん坊チームは釣り人のオアシス、しすい亭へ滑り込む。

tb20160619_017

腹減りすぎていて写真撮るの忘れたけれど「チキン南蛮」がボートクッション並みに柔らかジューシーだったことを備忘録として書いておこう…φ(・_・

 

ということで、TAKAさんはひさびさの釣りが楽めたようで本当よかった。今日釣れなかったのは「また気が向いたらいつでも釣りに来なよ」って水面からのメッセージなのかもね。

 

みなさん、お疲れ様でした。また遊びましょ。

ん?

あれ?

おいらだけ今日ノンバイだ、、、

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

© 2017 TOPBOKAN