ためにならない釣行記

ウジャウジャで釣れ!

ブログをご覧のみなさん、コンニチハ!

 

春一番も吹き,気温もグングン上昇している今日この頃。
こんな陽気なのでご多分に漏れずダムへと行ってみた。

 

と、その前にやぶからぼうに「肉食いて〜」とオレがつぶやいたのをハンマーさんが拾ってくれて、
チャドさんと3人でのプチ肉食会。

肉食会

プチ肉食会とはいえ,ボリューム満点の肉肉肉。

ハーフポンドステーキ

チャドさんは原因不明??の顔面神経痛も少し良くなってきたみたいなので良かった。
ちなみにハンマーさんもこの日、
仕事中に鉄パイプに顔着したみたいで両頬骨のあたりを打撲していた。
噛むのがしんどそうだったけど,1ポンドハンバーグが柔らかジューシーだったので大丈夫だったみたいw

このように顔面に障害のあるパイセンお二人と楽しい時間を過ごしたのち房総へ。

ーーー

一応ベッドに潜り込むが次の楽しみのため全然眠れない。
が、肝心なところでうたた寝しちゃったみたいで目覚ましで飛び起きる。

あっ、カリブ実家においてきちゃった。ニーブーツで大丈夫かなぁ。。。
あっ、1投目に投げるはずだったグッピーをテーブルの上においてきちゃった。。。

アオちゃんからもらったグッピー@居酒屋

そんなあたふたしながらの出発。
今日はJAMMIN’セッションで朝イチから昼までの予定なので遅刻は厳禁。
エコカーをかっ飛ばして,なんとか待ち合わせ時刻にウエ宅に。

途中でゲン・シャケ・タカシちゃんとも合流して6時にプカッと浮いてみた。
シャケとタカシちゃんはアンダーも打つので、
この時期の気難しいおサカナを釣れるんじゃないか?!とちょっと期待してみたり。

オレらは上流へ向かい,シャケ&タカシちゃんは本湖方面へ。

とりあえず目的の春ポイントまで脇目もふらずに上がる。というのも、思ったより人がいない。
もしかすると、もしかしちゃうのか?!

オイラは移動中にモーニングコーヒーを淹れる。もちろんクラーヌでし。

そうそう、久しぶりの朝イチはやっぱり少し冷えていたけど,
ヒートテクオ+S/S TEE+ボアジャケットでなんとかしのげた。
ニーブーツはさすがにつま先が冷たいなって感じだったけど苦になるほどじゃない。
やっぱ春だね。

そうこうしているうちにポイントに到着。
ストーキングモードで慎重に攻めるものの、、、ノンバイ。

さらに奥に進み水が澄んできたと同時に、
左右からバスがウジャウジャと姿をあらわした。まーまーサイズもゴロゴロいる。

しかし食い気のある感じでもなく素早く逃げる感じでもなく,

 

「なんだよ、また船か」

 

みたいな感じでかったるそうに泳いでいる。ちょっとやそっとじゃスイッチ入る気配なし。
ロッドをつっこんでサカナの目の前で8の字を描いてみたけど、食いつくどころか逃げもしない。
なにはともあれ相手にしてもらえない。こりゃ釣れねーな。。。

メニールック、ノーチェイス。
早々に見切って上流を目指した。

途中でプラッガー3人組と出会うがノンバイのようだ。
一応さっきのウジャウジャ情報を告げておく。サカナ見るだけでもテンション上がるからね。

さらに先を進む。
狙うはシャローということで激浅地帯に突入すると、ウエがボイルを1ルック!

 

「いるぞっ!いるぞっ!」

 

しかし、なぜかそこで粘ることなくさらに上流をめざす。

今年の大雪でずいぶん竹が倒れてる。

このエリアまでくると、日陰のためかニーブーツのつま先がチーンと冷たい。
冷たさにヒットポイントを奪われロッドをそっと傍らに置く。よくみるとゲンもマッタリしている。
そこで唯一タックルを手にしているウエに

 

「この先の左側のシャローで昨日ワンバイあったみたいよ」

 

バイト情報をダダ漏らしする。しかし、ハラ減ったなぁ。

日だまりが!

ようやく陽だまりが見えてきた。そしてあそこが朝食ポイントでもある。

いつもの休憩ポイント

9時前に最上流に到着。付近にサカナがいないことを確認して上陸。

さ、遅めの朝食の準備だ。今日はウエが朝ゴパンを用意してくれていた。
パッケージデザインはRyoちん。

TB20130309_010
ティートのワンフッカーが?!

オレがコーヒーを淹れてるあいだに、ウエがホットサンドクッカーで焼きを入れる。

TB20130309_011

ナイスなキャップを被ってるね。ちなみにPaul Smithではない。

朝食

このサンド、いろんな人がやってたけど初めて食べた。お手軽だし旨いね!

ちなみに本日一番乗りで最上流を訪れたくさいんだけど、バスはおろかベイトすらノールック。
フワフワした虫はいっぱいいたな。

腹も満たされたし打つ手ナシだし、、、太陽を潸々と浴びながら気持ちよく寝た。
軽く寝たところでウダウダしていると、あれよあれよという間に船が集まってきた。

ヌノちゃん、岡さん

ヌノちゃんとオカさん。
ヌノちゃんのTEEには「マフィアじゃないよ」って書かれていたっけ。
「死に神」のまちがいでは?!

アオヨシさん、アラヤさん

アオヨシさんとシンヤさんも。
ちなみにアオヨシさんはあのウジャウジャの中から1本釣り上げたとか。
やるぅ〜

わいわいと

こんな感じで2時間半が経過。そろそろ帰らないといけないので下ることにした。
そーいや、シャケ&タカシちゃんはどうしただろう??

例のウジャウジャポイントにさしかかった頃、
シャケたちがちょうど上がってきた。
本湖&ダムサイトまで行ったけどジグでワンバイのみとは。。。

そこで、シャケがベントミノーをつけていたので、やつらのスイッチが入るのではと淡い期待を胸に
ウジャウジャにむかって投げてもらったけど総スカン。

ダメだこりゃ。やっぱローライトとか雨とか絡まないとキツイな。

手前がタカシちゃんで後ろがシャケ。オレとシャケ以外は花粉症絶賛発症中でつらそうだった。

タカシちゃんのエレキは54ポンドながらもめっちゃ早い。
84ポンドかと思ってた。フットも良いね。

 

そんな感じで昼頃にダムをあとにした。
結論として、上流をめざしていたのはサカナではなくオレらだった。

春バスは釣れなかったけど、
10時頃からはTEEイチで全然オッケーな陽気で気持ちよかったな。
やっぱ薄着サイコー!!

ウエ、ゲン、シャケ、タカシちゃん、
全員キャッチを夢見て懲りずにまた行こう!

 

 

THEE ELEPHANT BAIT'S L7TOPBRIDGE ARAPAIMA

新作をくまなくチェック、バッチリでした!!

(宣伝で〆てスイマセン)

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 TOPBOKAN