ためにならない釣行記

思いつきで釣れ!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

海の日がらみの先週末、特に遠征の予定のないまま迎えた金曜日、都内をはじめ千葉も豪雨に見まわれよく行くところもダメな感じ。午後になり珍しく仕事が全案件すっきりとキリがついてしまったため、ソワソワしてきた。

アレ決行しちゃうか?!

 

ふつふつと温めていた想いを試したくなったので、思いつきで2年ぶりの琵琶湖へ行くことにした。正直なところ、琵琶湖は夢は大きいけれど苦手な部類で、仲間内ではけっこう何匹も釣ったり良い釣りをしているんだけど、オイラはここ数年ろくにバイトもない。とはいえ、あの広い琵琶湖をサカナを求めて情報に翻弄され移動しまくるのはシンドイので、

「あのポイントで、ポッパーで、炸裂バイトで釣りたい!」

 

というピンポイントな想いだけでクルマを西に走らせた。

こんな感じなので当然誰も誘えず、現地に誰か居るだろう〜ぐらいの感じで行き当たりばったりなソロツアー。

 

tb20160715_01

西への旅のはじまりはもちろん「ハスミ」から。

tb20160715_02

不安と期待で眠くないけど前もって投入。

途中で北の楽園(死語)に向かったチャドさんから連絡があったりしてさらにワクワクが加速する。

tb20160716_01

無事にいい時間帯に到着。のんびり来たら6時間もかかったな。

DAY 1

エントリー場所に居合わせた地元の人と話していると、噂どおり藻の類は刈られてしまっているとのこと。うすうす覚悟はしていたけど浮く前にテンションダウン。ま、なんとかなるでしょ。

イキフングンバツ。ゆっくりと水面に踊り出る。ポッパーで釣りたいくせに1投目はスタンブル。ポコン、、、、ポコン、、、と超スローペースで打っていく。そう簡単には出ない。気持ちがソワソワしてきてブレード物にしてみたり、ポッパーにしてみたりココロが乱れ始める。こんな感じであっという間に明るくなってきた。いかんいかん、何をしに来たのかあたまをリセットしよう。

サッチモホーンに結び直しココロを正してキャストを繰り返す。ポコン、、、、チャチャチャ、、、ポコン、、、(やべー、眠くなってきたぞ)

ポコン、、、、チャチャチャ、、、ポコン、、、そして、その時は突然やってきた。

 

「ボカンッ!」

「うわぁ〜!」

 

たぶん声出たと思うぐらいの炸裂バイト! 潜らせないようにやりとりしていると野太い魚体が跳ね上がる。

「ナイスなサイズ♥」

 

フックが口から外れてエラにかかっていたのが見えたので準備しておいたアミにスムーズに収める。

 

tb20160716_02

まるっ!

tb20160716_03

ゴーゴー。ウスラには程遠いけど魚体が見事なので納得の1本。4:50のデキゴト。

フックを外すときに触れたエラやアゴ周りがものすごく固かったのが印象的。カヤック内でも何度か暴れたんだけど、このスケール写真の時に暴れなかったのがよかった。しかし後から考えると、雷魚/ナマズ対策でアミ積んでいたくせに、自撮り用品とかまったく無頓着なので全然持ってないという。。しょーもない絵面になるから準備しておこうかな。

ということで、いきなり旅の目標がほぼ達成してしまった。その後は余裕を持ってポッパーをはじめいろいろ投げたけどアラパイマにしょぼいワンバイのみ。他のポイントまで見て回ったけど眠くなってきたので1ラン終了。

tb20160716_04

メシ屋が開くまでちょっと寝て、

tb20160716_05

ローカルなこちらで、

tb20160716_06

本日の定食「生姜焼き」¥550を食す。生姜が効いてて味濃い目で旨い。

tb20160716_07

食後はしばらく爆睡して次なるポイントへ。

tb20160716_08

ようやく見つけたヒシモ群。ここでその時を待とう。

 

と、ここで偶然にも一人旅をしていたジョーから連絡が。ノリチカさんと浮いているからこっちに会いに来てくれるとのこと。おぉ〜ノリチカさん、年ぶりだろう♪

日も傾きかけた頃にブォーンって水しぶきを上げて1艇やってきた。おひさしぶりです!

tb20160716_09

ナイスブレ!

 

このごっつい船と完璧装備はノリチカさんらしいなぁ。房総で出会った頃の話にはじまり臥竜堂の大会の話、琵琶湖の話、ZARI CAPの「マッカチンええな!」からザリガニ話、滋賀ラーメンの話、気づけばどっぷり陽が暮れていた。

 

そろそろ風止むから釣れるやろ〜

 

ということでここでお別れ。ジョー&ノリチカさんは夜行灯つけて沖へと消えていった。来年はteat is highに遊びに行きたくなったなぁ。

 

オイラは岸からけっこう遠かったので沖の釣りはそこそこに岸のゴロタでマスジサイズのファイター2匹をマスジで釣って2ラン終了。

tb20160716_010

来来亭。九条ねぎ食べたかったのに売り切れ。こってりラーメンで汗だくな1日の塩分補給完了。その後はのんびりと風呂に入ってさっぱりしたところで午前1時にまた爆睡。寝てばっかだな。

DAY 2

ダメかと思ったけど予定どおり起きれた。昨日より1時間ぐらい遅めのスタート。幸いなことに風なしだけど駐車場は連休らしい混雑を見せている。先発隊が出て行った隙にそそくさと準備をしてササッと浮く。調子に乗って今日もポッパーで攻めてみよ。

サッチモからのポップスウィンガーセラフ。不人気っぽいけどオイラは好きだ。バルサOr.もいいね。昨日と同じようにスローなアクションで誘う。すると開始20分ほどで

「ボカンッ!」

 

昨日のような炸裂バイトではなく手応えも軽い。飛んでも跳ねても慌てることなくハンドランディング。

tb20160717_01

サンナナ。4時57分のデキゴト。あれ?昨日とほぼ同じ時間帯。

 

ポッパーが確信に変わったところでペンシルとか他のも投げてみる。が、そこはオイラ。琵琶湖は下手くそなので出まくるなんてことはない。

雨が強く降ったりしてローライトが続いて良い感じなので惰性で9時までやってしまった。雨を過信してはいけない。

 

うーん、藻がないので他の釣りが思いつかないし、やはり早々の達成感が思考を鈍らせる。インスタのお友達が来ているようだけれど、会ったことないし琵琶湖にはそれなりの想いをもって来ているかもしれないので釣りの邪魔をしちゃいけないかなぁとか色々考えてみたり。とりあえず無理やり釣りをするのが嫌なので釣りは切り上げることにした。

で、アカシさんのところ行くか?〜京都に行くか〜?と迷ったけど、微妙に眠いので帰りの渋滞が心配だし。。。いっそ帰りながら名古屋あたりでなんか旨いものでも食うかとグーグルマップを眺める。いやいや、それなら四日市のトンテキにしてコータローのところに寄ろうと閃いた。

で、直ぐに電話。どうやら先ほどのインスタのお友だちも琵琶湖からコータローのところに来るらしく一緒に飯を食う段取りをしてくれた。急に楽しくなってきたぞ。ワクワクしてナビを設定したら一般道を選択しちゃってた。でも、なんとか一番乗りで間に合った 笑

tb20160717_03

すぐにコータローと義弟のショータローも到着。仲良し義兄弟♪

tb20160717_04

すぐにみんな集まって2度目の亀八。こんなタイミングでワイワイとやるには調度良い♪

tb20160717_05

今回はオーダー票のプラスチックの板でうどん袋を2つに切ってから投入するというローカルな技を学んだ 笑

はじめまして〜という感じからワイワイと鉄板をつつきながら楽しいひととき。

tb20160717_06

会いたかった三重の熱きプラッガーたち。また三重ツアーで来るのでその時はよろしくです♪

その後、CHEST工房へひさびさにお邪魔して積もる話で盛り上がり、鈴鹿を後にした。コータロー、ありがとうね!

 

さて、高速道路で静岡に入った頃、神奈川に入るところで渋滞しているようだ。ちょっと早いけれど午後10時にサービスエリアで休憩。ふぅ〜と軽くまばたきしたつもりが翌朝6時になっていた 笑

 

こうして思いつきのソロツアーは終了。

 

衝動的に動いた割にはトラブルもなく濃い人々にも会えたし楽しかった。思いつきで動くのは気楽な反面、次どうするかをイチイチ考えるのが面倒だなと思ったりもした。やってみなきゃいつまでも想像の域を越えないから来てみてよかった。もうやらないと思う…たぶん。

 

今回はひとまず、

tb20160718_01

BANZAI!ということで 笑

Next Post

Previous Post

Leave a Reply

© 2017 TOPBOKAN