ためにならない釣行記

冬の衝撃で釣れ!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

 

何年か前から久々に釣りしよーぜーと言っていたムネと釣りに行ってきた。どうぜなら冬に出会ったオレたちなので、一番釣りづらい厳冬期にやるのがいいねと1月半ば決行することに。
しかし、ザキがウィルス性胃腸炎にかかり敗退。その後、なかなかみんなの都合が合わなかったり大雪に見舞われたりで延び延びになっていた。

 

で、春一番も吹いていない2月の最終週、最高気温17℃/最低気温8℃、天気:雨のち曇。これは…いてもたってもいられず仕事がうまく休めそうだったので平日にGO!! 厳冬期というよりは初春のデカバス狙いにシフトしていっちょ浮いてきた。

20140228-01

夜中の3時で8℃って数日前の最高気温と同じぐらいだよ!
ノビーと合流してワクワクしながら房総を目指す。なんか懐かしいなこの感じ。

行きのコンビニで馬鹿楽の会長と熊に遭遇。同じように第3の汁が出ちゃってるメンツがいてちょっと嬉しい。期待すればするほど裏切られるのはわかっちゃいるんだけどね。とりあえずファイト一発炸裂バイト、これぞバスのトップウォーターでしょみたいなのがほしい。

20140228-02

ノビーとムネ、ザキとオレでいざ出船。あれ?雨は??

ムネはしばらくここでの釣りを封印していたから一体どんな釣りをするんだろうか? ホッツィーセラフのクラシックホワイトボーン、マイティーフラッターのグリーンシャイナーで段違いのカリスマ性を見せつけるのか?

とりあえず、クサイと思うエリアは全員一致。時間もあるので二手に分かれて様子を見ることに。

20140228-05

お、まだ雪がある。この間の大雪の影響であちこち崖が崩れたり木が倒れたりしてる。
まずは冬のエリアを探っていくがノールック。

久しぶりの釣りでとにかくキャストがグダグダ。慣れないナイロンラインに苦戦しながら小場所に入り込んできた。二人とも第3の汁が出まくりテンションが上がる。

激しくルアーローテーションをしてるけど、これだなといった感じに中々ならない。ここに来てピンときたのがダディ。さらに記憶を研ぎ澄ませ、ムネと釣りしていた頃のアクションのリズムでダディをこんちわさせてみる。

「ちゃ、ちゃ、ちゃ、ちゃ、」(そうそう、こんな感じだわ)

「ボカンッ!!!」

「出た出た!!!」

炸裂バイトでもなく針ががりするわけでもなかったけれど、まん丸の白い腹が見えた!8時のデキゴト。
ザキがすぐさまlineで報告。

20140228-04

おかわりもなかったけど、サカナの存在にテンションキープ。

20140228-07

晴れちゃったけど、気温は高いのでポカポカして気持ちいい。

20140228-06

ザキのゴニョ。(そんなに釣れそうじゃない)

とか思いながら、ザキのプロトをアレコレ投げたり。ザキは何分かに一度、

 

「あぁ、今日のかつ波奈たのしみ〜」

 

とか言ってるしw オレも楽しみだけど〜

あ、ノビーから電話だ。

 

ノ:「どう? あんたワンバイあったの? まさかのアンタが?」

マ:「永遠のダークホースだからねw
   で、そっちはどう? カリスマはやっぱりカリスマだった?」

ノ:「カリスマなんかどこにもいねーよ!w
   すぐ引っ掛けるし喋ってばっか。うるせーよw」

マ:「りょうかいw てきとーにそっち方面行きますわ。」

 

そんな感じでちょこまか打ちながら大移動。お、オレンジ色のカヤック?朝見た人とは赤かったね。

 

「どーですー?」

「朝、いい感じのをバラしちゃいました」

「えぇっ!出たの?!おしいっ!」

20140228-08

時田くん。去年川でちょっと会ってるんだよね。どうやら会長と熊とも知り合いらしく合流しに行く途中だったので、ボカン艇で牽引しながら行くことに。

20140228-09

いたいた。馬鹿楽艇は会長がザキプルでワンバイ。クソ晴れたポカポカ陽気のわりにはちょこちょこ出てるね。午後の健闘を祈りつつノビー・ムネを探す。

近くにいるはずなんだけどな。ん、カーブの向こうから声がするぞ。

20140228-010

カーブを曲がるといた。すげー遠くなのにお喋りが岩盤に響いてうるせーしw

20140228-011

このまましばしランチタイム。今日はカリスマは湖上にいないね。もしかしたら、夕マヅメに「遅れてきたカリスマ」になるかもしれない。午前・午後でメンツ入れ替えのつもりだったけど、面倒なのでこのまま続行。かつ波奈を賭けてのチーム戦に突入。

 

しかし、こっちのエリアに来るのは久しぶりだな。昔は冬と言ったらこっちだったもんなぁ。

すると、ちょっと先で突然のスーザン・ボイル!

 

「おぉ、いるじゃん!!」

 

まーまーなバイト音と波紋が残る。そこはかつてババショーというイベント後にお疲れ会と称してノビーと二人で来て釣ったエリア。時期的にもちょうど同じ。んー、今日は懐かしいことだらけだ。

20140228-012

はい、反り登場。こいつはやっぱり釣れそう〜

20140228-015

その後、水の色が澄んできたあたりではまーまーサイズを3ルック。ただし、最上流は気配なし。やつらの行動をジーっと眺めながら作戦を練る。

 

「かつ波奈でさ、すげー注文して残そうぜ!」

 

釣った気でこんな作戦を練ったのがダメだったのか、

20140228-014

ビッグマウスも空振り。マヅメの滝岩盤もマイナスイオンを浴びただけで終わった。

 

ノビー・ムネ艇も遅れてもカリスマが現れることなく、現れたのは裸足のおじさん。

20140228-016

その後、馬鹿楽チームも一緒にかつ波奈へ。

反省なんかするわけもなく、くだらねー話しかしなかったのは今も昔も変わらない。
ちなみに、このメンツで年に数回のシリーズ化が決定。

誰かウスラを釣るのか?カリスマは現れるのか?

 

乞うご期待。みんなカレオツで!

次へ 投稿

前へ 投稿

3 コメント

  1. ヒサシ 2014/03/12

    なんだよー、すげー楽しそうじゃん。
    今度俺もまぜて。
    釣欲MAXなんで。

  2. Mackey 2014/03/12 — 投稿者

    ヒサシ、
    元祖ムネラーの登場??
    タイミング合えばいきまっそ〜

  3. とだ 2014/03/13

    ひっさんが行きたいのはトンカツでしょ!

返信する

© 2022 TOPBOKAN